どうも、ナオです。
本日は「Googleウェブマスターツール(サーチコンソール)の使い方、設定方法とサイトマップ送信方法」について解説をしていきたいと思います。

 

Googleウェブマスターツールにサイトを登録すると、Googleから自分のサイトがどう評価されているかが分ったり検索クエリを確認する事ができるようになります。

 

ブログアフィリエイトを行っていく際にGoogleウェブマスターツールは非常に役立ちますので、是非最後までご覧になっていって下さい。

 

Googleウェブマスターツールとは

 

GoogleウェブマスターツールはGoogleが無料で提供してくれているWEBサイトを管理するために役立つツールです。
現在Googleウェブマスターツールは「サーチコンソール」と名前を変更しております。

 

Googleウェブマスターツールを使用することで、

・サイトマップを送信して記事やサイトをインデックスさせる
・サイト運営のために有利な情報が届く
・検索クエリを確認してどんなキーワードでユーザーがサイトに訪問しているかを確認

以上のようなことが可能になります。

ブログアフィリエイトを行っていく上で欠かせないツールなので、ぜひ登録しておきましょう。

 

Googleウェブマスターツールの登録の仕方

 

それではここからGoogleウェブマスターツールの使い方、設定方法について解説していきます。

 

1.「Googleアカウント」を作成して下さい。Gメールを作成する事で、Googleアカウントを作成する事が出来ます。

2.Googleアカウントにログインしたら、「Googleウェブマスターツール」のページにアクセスして下さい。
Googleウェブマスターツール

以下の画面の「サイトを追加」の欄に登録するサイトのURLを入力して下さい。

 

 

3.自分のサイトを「Googleウェブマスターツール」に登録する際は以下の2通りの方法がありますので、自分のやりやすい方を選んで登録いって下さい。

 

HTMLファイルをFFFTPを使ってアップロード

 

HTML確認ファイルをダウンロードしたらFFFTPを使ってアップロードする方法があります。

以下の画面から「HTML確認ファイル」をクリックすることでファイルをダウンロードする事が出来ます。

 

FFFTPを使い、該当するサイトのhttp://~.com/public_html/の階層に先ほどダウンロードした確認ファイルをアップロードして下さい。

 

HTMLのメタタグをサイトのホームページに追加する

 

以下の画像から「別の方法」をクリックしたら「HTMLタグ」にチェックを入れて、赤枠で囲ってあるメタタグをコピ―して下さい。

 

 

WordPressの管理画面から「外観」→「テーマの編集」→「header.php」に移動して下さい。

<head>セクションの中にある一番初めのの前にコピーしたメタタグを貼り付けて下さい。<head>のすぐ後ろで大丈夫です。

 

 

4.ファイルをアップロードしたら登録が完了したことを確認して下さい。
以下の画像がサイトの管理画面となり登録が完了となります。

 

 

サイトマップの送信

 

サイト上でクローラ用のサイトマップがある場合、Googleウェブマスターツールからサイトマップを送信出来ます。

クローラー用のサイトマップ作成には「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用して下さい。Google XML Sitemaps

「Googleウェブマスターツール」のページから「サイトマップがありません」をクリックして下さい。

 

 

「サイトマップの追加/テスト」をクリックしたら以下の画像の空欄に「sitemap.xml」と入力してサイトマップを送信して下さい。

 

 

以上の操作でサイトマップの送信が完了となります。

 

最後に

 

今回は「Googleウェブマスターツール(サーチコンソール)使い方、設定方法とサイトマップ送信方法」について解説をしてきましたがいかがだったでしょうか?

 

ブログアフィリエイトを行っていく上で、Googleウェブマスターツールは本当に役立つツールとなっております。
取得したデータをもとにどんな記事を書けばアクセスにつながるのかなどを分析していけば、より良いサイト制作を行っていく事が出来ますので、是非今回の記事を参考にGoogleウェブマスターツールを活用していって下さい^^

 

それでは!