どうも、ONEです。
今回は「custom post type ui」というプラグインの使い方について解説をしていきたいと思います。

 

「custom post type ui」はカスタム投稿タイプを追加する際に非常に役立つプラグインとなっておりますので是非最後までご覧になっていって下さい。

 

「custom post type ui」とは

 

WordPressの記事を投稿する場合、通常「投稿」「固定ページ」から操作を行いますが、それ以外に自分で投稿タイプを追加、編集する方法があります。これを「カスタム投稿タイプ」と呼びます。

「custom post type ui」はそのカスタム投稿タイプを簡単に追加、編集する事の出来るプラグインです。

例えば普段使用している投稿タイプとは違う形式の「更新情報」「感想」という投稿タイプを設定する時に使用します。

「custom post type ui」の使い方

 

「custom post type ui」をインストールする

 

「custom post type ui」をインストールするには「管理画面」「プラグインを検索」からインストールすることも出来ますし、「custom post type ui」の公式サイトからダウンロードすることも出来ます。

「custom post type ui」

 

1.プラグイン→新規追加ページ→プラグインの検索に「custom post type ui」と入力して検索します。

そうしましたら、「custom post type ui」をインストールして、有効化をしましょう。

 

 

カスタム投稿タイプの基本設定

 

有効化が完了すると、管理画面のサイドバーに新しく「CPT UI」という項目が追加されます。
そちらから「投稿タイプの追加と編集」をクリックして下さい。

 

 

 

 

「投稿タイプの追加と編集」のページから必要事項を記入して下さい。

 

 

「投稿タイプスラッグ」は英数字で20文字以内で入力して下さい。大文字やスペースは含めることが出来ません。

「post, page, attachment, revision, nav_menu_item」は他の投稿タイプで使われているので使用することが出来ません。

 

 

カスタム投稿タイプ追加ラベルの設定

 

「追加ラベル」の右にある矢印をクリックすると記入欄が現れますので必要事項の入力を行って下さい。

 

 

 

こちらの設定を行って頂くことで管理画面上に表示されるテキストを英語から好きな文字に直すことが出来ます。

 

カスタム投稿タイプの設定


「設定」
の右にある矢印をクリックすると記入欄が現れますので必要事項の入力を行って下さい。

 

 

 

「一般公開」「True」にしておきましょう。

「UIを表示」は管理画面上にカスタム投稿を表示するかを決める設定となります。表示する場合は「True」にして下さい。

「アーカイブあり」はカスタム投稿ページのアーカイブページを作成するかを決める設定です。カスタム投稿タイプのアーカイブページが必要であれば「True」に設定して下さい。

「検索から除外」
はカスタム投稿タイプのページを内検索対象から除くかどうかの設定となります。「True」にすることでページ内検索でカスタム投稿タイプの記事が検索にかからなくなります。

 

設定が完了したら画面を下にスクロールして「投稿タイプを追加」をクリックして下さい。

 

 

 

 

そうすると上部メニューに「投稿タイプを編集」と表示されますので、ここから記事の編集が出来ます。

 

 

カスタム投稿タイプのアーカイブページ404エラーが出たら

 

カスタム投稿タイプのアーカイブページに404エラーで表示されない時があります。

そうなった場合は管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」→「変更を保存」をクリックすると表示されるようになります。

ただしパーマリンクがデフォルトの時はカスタム投稿タイプのアーカイブページが表示できないのでデフォルト以外の設定にしておいて下さい。

 

カスタムタクソノミーの基本設定

 

管理画面の「プラグイン」→「タクソノミーの追加と編集」をクリックして必要事項を入力して下さい。

 

 

 

単数形のラベルは単数形の時に表示される名前となります。
利用する投稿タイプはカスタムタクソノミーを利用する投稿タイプを選択して下さい。

 

カスタムタクソノミーの追加ラベルを設定

 

「追加ラベル」の右にある矢印をクリックすると下に記入欄が現れますので必要事項を入力して下さい。

 

 

 

これを入力することで管理画面上に表示されるテキストを英語から好きな文字に変更することが出来ます。

 

カスタムタクソノミーの設定

 

「設定」の右にある矢印をクリックすると下に記入欄が現れますので必要事項を入力して下さい。

 

 

入力が完了したら一番下にある「タクソノミーの追加」をクリックして下さい。

 

カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミーの編集

 

追加した「カスタム投稿タイプ」「カスタムタクソノミー」を編集する際はそれぞれの上部メニューにあるタブから編集する事が可能です。

 

 

 

「投稿タイプをインポート/エクスポート」→「コードを所得」にあるコードをfunctions.phpに追加すると、投稿タイプやタクソノミーを手動で管理出来るようになります。

 

 

 

最後に

 

今回は「Custom Post Type UI」の使い方について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

 

「Custom Post Type UI」を使うことで「カスタム投稿タイプ」「カスタムタクソノミー」を簡単に追加することが出来ます。

カスタム投稿タイプを設定したい時はこちらのプラグインを使用すると非常に便利ですので、是非インストールしてみて下さい^^

 

それでは!