どうも、ナオです。
今回は、「yoast seo」の使い方、設定方法について解説をしていきたいと思います。

 

「yoast seo」は、WordPressのSEO対策をできる無料のプラグインになります。
Wordpressでブログを運営していく上で、非常に役立つ機能が多数備わっておりますので、是非最後までご覧になっていって下さい。

 

「yoast seo」とは?

 

SEO対策の代表的プラグインと言えば「All in One SEO Pack」ですが、これと並ぶ有名なプラグインが「yoast seo」です。

 

「yoast seo」は、「All in One SEO Pack」と同じく、記事毎にタイトルタグを変更したりOGPタグを設定する事が出来ます。

両プラグインともに長所短所はあるのですが「yoast seo」の方が設定が簡単に感じられました。

 

「yoast seo」の基本設定

 

それではここから、「yoast seo」の基本設定の手順と使い方を解説していきます。

「yoast seo」のインストール

 

まずは「yoast seo」をWordpressにインストールしていきます。
プラグイン→新規追加ページ→「プラグインの検索」「yoast seo」と入力をして検索します。

そうしましたら、「yoast seo」をインストールして、有効化をしましょう。

 

 

有効化が完了すると、管理画面のサイドバーに新しく「SEO」という項目が追加され、

・ダッシュボード
・タイトル&メタ
・ソーシャル

以上の3つの項目が表示されるようになります。

 

 

設定項目が全て表示されない時

 

「yoast seo」を有効化した時点で、以下画像のように設定メニューが全て表示されないことがあります。

 

 

必要事項を表示させるためには「SEO」→「ダッシュボード」→「Features」タブにある「Advanced settings pages」という設定を「Enabled」に変更して保存してください。

 

 

上記の操作を行うことで全ての設定項目が表示されるようになります。

 

ダッシュボードの設定

 

 

「ダッシュボード」のページから「Google SearchConsole(ウェブマスターツール)」「Bing ウェブマスターツール」の設定をします。

 

Google SearchConsoleの認証方法

 

「Google SearchConsole」のページへアクセスして新しくサイトを登録してください。

Google SearchConsole

 

 

サイトの所有権を認証する項目が出てくるので、<meta name…../>と記入された文字列の「content=”~”」の~の部分をコピーして下さい。

「yoast seo」の設定画面から「ウェブマスターツール」タブにある「Google Search Console」の欄にペーストして保存をして下さい。

「Google Search Console」のページへ戻ったら「確認」ボタンを押して「所有権を確認しました」と表示されれば認証完了となります。

 

タイトル&メタ設定

 

タイトルは検索欄にキーワードを入れたときに表示されるサイトのタイトルであり、メタ説明文はサイトの簡略的な説明となります。

 

 

これを設定しない場合タイトル部分は「記事タイトル+サイト名」、メタ説明部分は「記事の冒頭のテキスト」が表示されます。

SEOを最適化する為にもタイトルとメタ説明文は設定しておきましょう。

 

区切り文字の設定

 

区切り文字とは記事ページ内で「記事タイトル」「サイト名」の間に表示される文字の事です。

「タイトル&メタ」→「一般的な設定」より設定を行うことが出来ます。
下記の画像の「|」が区切り文字となります。こちらから「|」を自分の設定したい文字に変更してください。

 

ホームページのタイトル設定

 

ホームページのタイトルタグの設定は「デフォルトページ」「固定フロントページ」の2種類があります。

 

 

デフォルトの設定

 

デフォルト(通常の新着記事)の場合は「プラグインの設定画面」で設定することが出来ます。
デフォルトでは以下のように表示されています。
文字列の意味は下記のようになります。

初めは変数で指定されていますので、テキストに書き換えましょう。必要事項を当てはまる場所へ記入して下さい。以下が記入の例となります。

 

固定フロントページの場合

 

固定フロントページからトップページを固定ページで置き換えている場合、以下の画像のように固定ページへのリンクが表示されます。

 

 

 

「フロントページ自体を編集することで」というリンクをクリックして下さい。

固定ページを編集するページに移動しますので「yoast seo」→「Snippete edit 」をクリックすることで設定する事が出来ます。

 

 

 

変数の意味

 

・%%title%%→投稿、固定ページのタイトルが表示されます。
・%%parent_title%%→親の固定ページがある時に親ページのタイトルが表示されます。
・%%sitename%%→サイトの名前が表示されます
・%%sitedesc%%→サイトの簡単な説明が表示されます。
・%%category%%→投稿された記事に設定されているカテゴリーが表示されます。
・%%tag%%→タグの名前が表示されます。
・%%term_title%%→タームタイトルが表示されます
・%%searchphrase%%→サイト内を検索した時の文字が表示されます。
・%%sep%%→タイトルの区切り文字が表示されます。
・%%page%%→ページ数が表示されます。(1ページ目は表示されない)

 

変数の意味は、上記のようになります。

投稿タイプのタイトル設定

 

「投稿・固定ページ」のタイトルタグを変えたい場合は変数を使って変更する事が出来ます。

 

 

記事ページでタイトルタグを変更する場合は、投稿の編集画面「yoast seo」→「Edit snippet」をクリックすることで編集出来ます。

 

 

「SEO title」に入力することで検索欄に表示されるタイトル名を変更する事が可能です。

 

「メディア」のnoindex設定

 

 

WordPressではデフォルト機能で画像ごとにページが作成されるのでGoogleから内容の低いコンテンツと認識されてSEO効果を下げてしまう可能性があります。

 

ですのでメディアのページにSEO対策をする予定がなければ、「タイトル&メタ」→「投稿タイプ」→「メディア」からMeta Robotsの設定を「noindex」にしておいて下さい。

 

タクソノミーのタイトル設定

 

「yoast seo」は「カテゴリーページのタイトルタグ」を置き換えることが出来ます。

 

 

上部にある「タクソノミー」タブからタイトルタグの基本テンプレートなどの設定を行うことができます。

カテゴリーページはSEO的に重要なのでindexさせることをオススメします。

 

 

タグは内容的にカテゴリーページと同じになる可能性が高いので「noindex」に設定します。
「Yoast SEO メタボックス」は現時点で設定する必要がないので「非表示」にしておいて下さい。

 

テキスト「アーカイブ」を削除

 

「タクソノミー」→「タイトルのテンプレート」をクリックすると、「アーカイブ」という文字が表示されています。

 

 

必要でなければアーカイブの文字は削除しておくことが可能です。

アーカイブのタイトル設定

 

上部にある「アーカイブ」タブでは投稿者ページ、月間アーカイブなどSEOの設定をすることが出来ます。

 

 

サイト運営者が複数人いて、それぞれのページを検索結果に表示させたい時に設定しておくと効果的です。

・Enabled →有効化する
・Disabied →無効化する

という意味になります。

ソーシャルの設定

 

 

「ソーシャル」→「アカウント」のタブからアカウント設定を行うことが出来ます。
必要事項を入力して設定をしてください。

 

FacebookでOGP設定

 

 

「ソーシャル」→「Facebook」のタブから「Open Graphメタデータを追加」「デフォルト画像」の設定を行うことが出来ます。

「Open Graph メタデータを追加する」を有効化すると、以下の画像のようなFacebook用のOGPタグを出力してくれます。

 

 

記事に画像が設定されていない時のデフォルト画像の設定も行うことが出来ます。

 

TwitterでOGP設定

 


「ソーシャル」→「Twitter」タブから「Twitter cardのメタデータの追加」「使用するデフォルトカードタイプ」の設定を行うことが出来ます。

「Twitter cardのメタデータの追加」を有効化すると、Twitter専用のソーシャルタグが出力できます。

 

Google+の設定

 

 

「ソーシャル」→「Google+」のタブから設定することが可能です。

 

タイトルタグとdescriptionの設定

 

「Edit snippet」をクリックすることでタイトルタグ、descriptionの設定を行うことが出来ます。

 

FacebookとTwitterどちらとも設定する事が出来ます。
タイトルやアイキャッチ画像などを別で指定したい時に設定して下さい。

 

 

検索結果に表示させたくない記事がある場合はnoindex、nofollowの個別設定をすることが可能です。

 

 

 

XMLサイトマップの設定

 

XMLサイトマップとは記事を更新した時に検索エンジンに新しいページの情報を伝えるものです。「SEO」→「XML Sitemaps」から設定を行うことが出来ます。

 

「XML sitemap functionality」の欄から「Enabled」を選択して保存して下さい

 

 

生成されたサイトマップを確認するためには以下の画像のように「XML Sitemapのリンク」をクリックして下さい。

 

 

以下のページが開きます。

 

 

上から4つの文字列は

・投稿
・固定ページ
・カテゴリー
・タグ

を表わしています。

 

それぞれ生成されたXMLリストの中から、XMLサイトマップとして登録したいものをGoogleサーチコンソールにて登録していきます。

 

Googleサーチコンソールの設定

 

Googleサーチコンソールにアクセスした後、管理画面から「クロール」→「サイトマップ」をクリックしたら、「サイトマップの追加/テスト」という赤いボタンをクリックして下さい。

Googleサーチコンソール

 

サイトマップの「post-sitemap.xml」をコピーして「サイトアップの追加/テスト」に貼り付けてください。

 

 

以上の操作が完了したら「送信」をクリックして無事送信できれば設定完了となります。

 

カテゴリーページ、タグページもXMLサイトマップに登録する時はcategory-sitemap.xml、post_tag-sitemap.xmlも一緒にGoogleサーチコンソールで登録して下さい。

 

All in One SEO Packからインポートする

 

「yoast seo」は「All in One SEO Pack」の設定をインポートする事が可能ですので、「yoast seo」に乗りかえる時に同じ設定をする手間が省けるというメリットがあります。

 

 

全ての設定をインポートできるわけではありませんが、タイトル、メタ説明文の引継ぎは可能です。

「ツール」→「インポート」をクリックして「All in One SEO Packからインポートしますか?」にチェックを入れることで簡単にインポートする事が出来ます。

 

 

最後に

 

今回は、「yoast seo」の使い方と設定方法について解説をさせていただきましたがいかがだったでしょうか?

 

ここまでで解説させていただいた通り、「yoast seo」はサイトのSEO対策をすることができる非常に優れたプラグインです。

サイトへの集客を行っていく上でSEO対策を行うことは本当に重要ですので、是非導入を検討してみてください^^

 

それでは!